たけやぶやけた

新学期がスタートとして1ヶ月が経とうとしています。
新しい先生に新しいお友だちと、環境の変化にも
少しずつ慣れてきた頃ではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━
▼ご家庭でできる「量感トレーニング(24)」▼
「たけやぶやけた」の算数版??
━━━━━━━━━━━

お子さんにとって数の順序を知ることはとても大切です。
この時期の5歳児でしたら、1~10まで言える子と
まだちょっと心配なお子さま、いらっしゃるかもしれませんね。

この「順序」は、数の並び方にだけでなく、身の回りの
さまざまなものでトレーニングし、理解を深めることができます。

例えば、次のようなものに注目してみてください。

★初級編
数字(1~10)
曜日(日月火水・・・)
季節(春夏秋冬)

★中級編
数字(1~20)
音階(ドレミファソラシド)

★上級編
いろは(いろはにほへと・・・) 
惑星(水金地火木土天海)

【やり方】

これらを、まずは順番通り言わせてみましょう。
「1から10まで言える?」「日曜日の次は何?」
「にちげつか・・・そのあと、言える?
」などと投げかけてみるとよいですね。

【工夫】

楽に言えるようになったら、逆から言わせてみましょう。
よい刺激になります。



┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━
覚え方には、「リズムで覚える」ことや
「頭の中にならべていって覚える」
ことがあります。
それを逆から言うことは、どのような覚え方でも一度、頭の中に
その数や言葉をおいて、逆に読むことになります。

つまり、頭の中にその映像を描き、それを頭の中でたどりながら
逆に言うことになるのです。
そして、逆に言えるようになると、その覚えたことは、より深い
定着となっていくのです。

低学年で算数の課題は、九九(小2で学習)があります。
この九九も
「いんいちがいち、いんにがに・・・」
と最初は覚えていくことになります。

一通り覚えたら、逆に
「くくはちじゅういち、くはしちじゅうに・・・」
と、もどっていけたら間違えることもなくなるでしょう。

国語では「たけやぶやけた」等の回文をつくることが
語いの増加や語幹の発達に役立ちます。
是非、算数でも逆に言うトレーニングを取り入れてください。


*---------------------*
受験算数のプロ 益田先生がお届けしました。
*---------------------*

とけいのほん

こんにちは。
春の陽気と共に、今年度がスタートしました。

━━━━━━━━
▼今回の絵本 ▼
━━━━━━━━
『とけいのほん(1)』

まついのりこ/作・絵
972円 1973年初版

この本についてはコチラから↓
http://www.qzemi.com/c/

------------
◆ あらすじ ◆
------------
ちびとのっぽは、時計の短針と長針です。
二人が作る色んな時間を、みんなが「なんじ」か考えます。

------------
◆ テーマ ◆
------------
時計の見方

------------
◆ 読後感 ◆
------------
なるほど!

----------------
◆ 絵のタッチ ◆
----------------
余白を使ってシンプル


┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━
時計の学習は、学校では小学校1・2年生ごろ行います。
中には3歳くらいになって、数を数えることを覚えるのと同時に
時計に興味を持つお子さんもいます。

この絵本は夢のあるお話と絵に乗せて、時計の見方を
覚えることができるしかけです。
お子さんが時計に興味が出てきたら、手に取ってみてください。

ご家庭にデジタル時計しかなければ、ぜひアナログ時計を
置いてみてください。
時計は時間経過を円に置き換えて認識する道具ですね。

こういった置き換えの思考は習慣が物を言います。

*--------------------*
本は世界を新しく見させる装置!
「本を読むってどんな意味があるの?」
という疑問にズバリ答えるいっきゅう先生こと
そのだりゅうへい先生がお送りしました。
*--------------------*

サクラサク

明日から4月ですね。
今日は、今の季節に関係するものを当ててくださいね。

━━━━━━━━━
▼私はだれでしょう?▼

━━━━━━━━━
ヒントは3つ。


ヒント1)
わたしは、あたたかくなると、花をさかせます。

ヒント2)
わたしの花びらの色は、ピンクか白です。
まいすうは5まいです。

ヒント3)
わたしは、花がさいたあとに、葉をだします。


さて、私はだれでしょう?


┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━
答えは、サクラです。

今の季節は、必ず目にする花だと思います。
ただ「きれいだね」で終わるのではなく、
「花びらは何枚かな?」や「葉っぱがでていないね。ふしぎだね」
のように話してあげると、ひとつのことで多面的に
学ぶことができますね。

で、子供たちからよく聞かれる質問。
「さくらんぼはできないの?」には
「同じサクラの仲間でも種類がちがうんだよ」
と答えてあげましょう。

*--------------------*
ばっちりくんドリル小学生版 編集長
QゼミNo.1のこだわり職人スタッフ。
日夜、授業のネタ、教材のネタをさがし続けています。
KOBA先生こと小林 義徳がお送りしました。
*--------------------*

おひがん

春の風が快い季節となりました。
春とはいえ、まだ朝夕は寒さが残りますので体調には
お気をつけください。

■------------------■
 めざせ!ことば博士
■------------------■

━━━━━━━━━━━
▼「これ知っている?」(23) ~3ヒントで当ててみよう!~▼
━━━━━━━━━━━

★━━━…‥
問題
‥…━━━★

毎年同じころに、家族ですることを「年中行事」っていうけれど
今日からの一週間に、どんなことをするのか知っている?
あるところに行って、なにかをすると思うんだけれど…。

[ヒント1] キミのおじいちゃんのおじいちゃんや、そのまた
おじいちゃんは、今どこにいるのかな?

[ヒント2] お寺の中に入って、草むしりをしたり掃除をしたりするよ。

[ヒント3] お花や食べ物をかざって、手を合わせて、おじぎをするよ。


┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━

「彼岸」とは春分の日(3月20日頃)と秋分の日(9月23日頃)を
中日として前後3日間の7日間のことをいいます。
今日(3月17日)は「彼岸入り」、24日が「彼岸明け」です。

春分の日や秋分の日は、昼と夜の長さがほとんど同じで
太陽が真西に沈みます。

仏教の世界ではあの世は西にある(西方浄土)と考えられて
いたため、最もあの世との距離が近づく日、とされていたのです。

ちなみに、「お彼岸」と「お盆」の違いをご存知でしょうか。
お墓参りや仏壇に手を合わせ自らが祖先を敬うのが「お彼岸」で
家に帰ってくるご先祖様をお迎えして供養するのが「お盆」です。

どちらも自らのルーツであるご先祖様を敬う行事として
受け継がれてきました。

お子さまやその子、その孫の世代まで、受け継いでいきたいですね。

【答え】 お墓参り(ご先祖の供養)

*---------------------*
日頃、中学入試の最前線の国語指導をしつつ、小学生に
読書の楽しみをひろめるべく、「ことばの学校」の開発に没頭する毎日。
ことばの学校 主任研究員 佐野 樹(ノッチ先生)がお送りしました。
*---------------------*

ゲームで算数脳を鍛える!

春は、始まりの季節で、初めての経験がたくさん
あると思います。

その挑戦は、ドキドキ・わくわくを伴うもので
お子さんの脳力開発にはかかせないことです。

せっかくですから、その経験ができるだけ楽しい
ものであって欲しいと願います。

━━━━━━━━━━━
▼ご家庭でできる「量感トレーニング(23)」▼
かんたんゲームで脳活性!
━━━━━━━━━━━

【用意するもの】

□6マス×6マスの線
(中に数字をかけるくらいの大きさ) 
合計36マス、ということです。 
先に枠だけ作って何枚かコピーをしておくといいです。

□鉛筆・色鉛筆(好きな2色)


【事前準備】

(1)1~9までの数を、マス目にランダムに書き入れます。
お子さんに書かせてあげるとよいでしょう。

まんべんなく1~9を入れてもよいですし、多少は数に
かたよりが生じてもかまいません。

(2)空いたマスがないか確認してください。


【ゲーム手順】

(1)上下左右(ナナメは×です)で隣り合う数の合計が
10になるところを見つけたら色鉛筆でマスを塗ります。
2マスだけではなく、3マス4マスを上下左右に
組み合わせてもかまいません。

(2)お子さんと親御さんで交互にマスを塗っていき
塗れなくなったら終わりです。
相手が塗ってしまったところはもうぬることができません。

(3)終わったとき、塗ったマス目が多い方が勝ちです。

※1と9のように2マスに限らず、2と2と6のように
3マス並んでいれば、3マスとも塗れます。
なるべくたくさんぬるためには、どうしたらいいか
お子さまに考えさせましょう。


┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━
今回のゲームの主旨は、小学1年生の算数の
「10になる数」の練習です。
あわせて10になる数になじんでおくと、繰り上がりや
繰り下がりのある計算がスムーズに取り組むことができます。


*---------------------*
受験算数のプロ 益田和典先生がお届けしました。
*---------------------*

プロフィール

スーパーチャレンジQ

Author:スーパーチャレンジQ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR