のり・おせんべい・すあま・・・

こんにちは。
本日4月15日は、東京ディズニーランドの開園記念日。
今年で33周年だそうですが、変わらぬ人気スポットですね。


■------------------■
めざせ!ことば博士
■------------------■
今回は、国語力は幼児期の言葉への関わり方が大きく影響する
という学説の実証に力を入れている、ノッチ先生からの問題です。

「なにでできてるかな?」

★━━━…‥
問題
‥…━━━★

身近なものの原料を当ててみてください。
各ヒントごとに答えていいのは1つだけだよ。

[ヒント1]
昔は「のり」(食べる方ではなくて、接着剤としての方)を
これで作っていたんだよ。
(これを食べたスズメは、おばあさんにつかまって
舌を切られてしまったんだよね)

[ヒント2]
これの粉でパンを作ると、モチモチした食べごたえになるよ。
(モチモチした、って言ったら大ヒントになりますね)

[ヒント3]
おせんべいもこれでできています。
(・・・と言っても、幼稚園・保育園のお子さんには
 わからないでしょうか?)

さて、どうでしょう?
最後の最後、超サービスヒント「ご飯の元は?」


┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━

【答え】 お米(の粉)

米の粉にはいろいろな種類がありますが、一般的には
うるち米(ふだん私たちがご飯として食べているもの)の粉を
「上新粉」といい、団子や柏餅、寿甘(すあま)などに用います。

もち米の粉は「白玉粉」といい、大福や求肥(ぎゅうひ)に用います。
餅やおはぎに使用する「道明寺粉」は蒸した後、乾燥させた
もち米を荒く砕いたものです。

ちなみに4月20日は二十四節気の「穀雨」です。
穀雨とは穀物の成長を助ける恵みの雨のことです。
今年もおいしいお米が育ってくれるとよいですね。

*---------------------*
日頃、中学入試の最前線の国語指導をしつつ、
小学生に読書の楽しみをひろめるべく、「ことばの学校」
の開発に没頭する毎日。
ことばの学校 主任研究員 佐野 樹(ノッチ先生)が
お送りしました。
*---------------------*

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スーパーチャレンジQ

Author:スーパーチャレンジQ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR