FC2ブログ

たけやぶやけた

新学期がスタートとして1ヶ月が経とうとしています。
新しい先生に新しいお友だちと、環境の変化にも
少しずつ慣れてきた頃ではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━
▼ご家庭でできる「量感トレーニング(24)」▼
「たけやぶやけた」の算数版??
━━━━━━━━━━━

お子さんにとって数の順序を知ることはとても大切です。
この時期の5歳児でしたら、1~10まで言える子と
まだちょっと心配なお子さま、いらっしゃるかもしれませんね。

この「順序」は、数の並び方にだけでなく、身の回りの
さまざまなものでトレーニングし、理解を深めることができます。

例えば、次のようなものに注目してみてください。

★初級編
数字(1~10)
曜日(日月火水・・・)
季節(春夏秋冬)

★中級編
数字(1~20)
音階(ドレミファソラシド)

★上級編
いろは(いろはにほへと・・・) 
惑星(水金地火木土天海)

【やり方】

これらを、まずは順番通り言わせてみましょう。
「1から10まで言える?」「日曜日の次は何?」
「にちげつか・・・そのあと、言える?
」などと投げかけてみるとよいですね。

【工夫】

楽に言えるようになったら、逆から言わせてみましょう。
よい刺激になります。



┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━
覚え方には、「リズムで覚える」ことや
「頭の中にならべていって覚える」
ことがあります。
それを逆から言うことは、どのような覚え方でも一度、頭の中に
その数や言葉をおいて、逆に読むことになります。

つまり、頭の中にその映像を描き、それを頭の中でたどりながら
逆に言うことになるのです。
そして、逆に言えるようになると、その覚えたことは、より深い
定着となっていくのです。

低学年で算数の課題は、九九(小2で学習)があります。
この九九も
「いんいちがいち、いんにがに・・・」
と最初は覚えていくことになります。

一通り覚えたら、逆に
「くくはちじゅういち、くはしちじゅうに・・・」
と、もどっていけたら間違えることもなくなるでしょう。

国語では「たけやぶやけた」等の回文をつくることが
語いの増加や語幹の発達に役立ちます。
是非、算数でも逆に言うトレーニングを取り入れてください。


*---------------------*
受験算数のプロ 益田先生がお届けしました。
*---------------------*

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スーパーチャレンジQ

Author:スーパーチャレンジQ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR