いろいろないろ

今週はノッチ先生の「ことば」がテーマのなぞなぞです。


◆もんだい◆
「茶色(ちゃいろ)い」や「黄色(きいろ)い」のように、
「い」で終わる「色」を表す言葉があるよ。
いくつ言えるかな?


ヒント★★★(これでわかったら天才!)
「茶色い」や「黄色い」のように「色」という言葉は入らないよ!

ヒント★★(これでわかったら名人!)
「茶色い」と「黄色い」のほかに全部で4つあるよ!

ヒント★(これでわかったら秀才!)
「イチゴ」の色、「アリ」の色、「雪」の色、「空」の色を
それぞれ何というかな?





<ご家庭の方へ>


少し難しい話になりますが、古代の日本語には色を表す
形容詞(「い」で終わる、様子を表す言葉)は
「赤い、黒い、白い、青い」の4つしかなく「色」の意味合いも
現在とは異なりました。

語源的には「赤い」は「明かし」から、「黒い」は「暗し」から生まれ
「白い」は「著し(しるし=はっきりの意)」
「青い」は「漠し(あおし=ぼんやりの意)」から生まれた言葉です。

つまり「赤」の反対が「黒」で明暗を表し、「白」の反対が「青」で
鮮明さの度合いを表していたのです。
ですから「赤い夕日、赤土、赤味噌」など、色彩的にはオレンジから
茶色のものも「赤」、「青竹、青葉、青信号」など緑色のものも「青」
と表現したのです。

後に「黄色い」「茶色い」が加わったものの、形容詞は増えず、
色の表現には「山吹、橙、紅、紫、藍」など主に植物に「色」をつける
形で表すようになったのです。


答え)(「茶色い」「黄色い」のほかに)
   「赤い」「黒い」「白い」「青い」の四つ



小学生に読書の楽しみを広めるべく「読書くらぶ」の開発に没頭している
ノッチ(佐野 樹)先生でした!

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【いろいろないろ】

今週はノッチ先生の「ことば」がテーマのなぞなぞです。◆もんだい◆「茶色(ちゃいろ)い」や「黄色(きいろ)い」のように、「い」で終わる「色」を表す言葉があるよ。いくつ言えるか
  • 2012-05-18 15:19
  • まとめwoネタ速neo

プロフィール

スーパーチャレンジQ

Author:スーパーチャレンジQ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR