FC2ブログ

どんどんごろごろ

今週はノッチ先生の「ことば」がテーマのなぞなぞです.


◆もんだい◆

うさぎさんとくまくんが書いた文があるよ。
それぞれの『 』のついたことばは、うさぎさんとくまくんでは
使い方がちがうよ。
どんなちがいかわかるかな?

うさぎさんの文
「雨が『パラパラ』ふりだしました。」

くまくんの文
「バスの中にお客さんは『ぱらぱら』しかいませんでした。」


ヒント★★★(これでわかったら天才!)

うさぎさんの文
「わたしはげんかんのとびらを『ガラッと』開けました。」

くまくんの文
「部屋の様子が『がらっと』変わっていました。」


ヒント★★(これでわかったら名人!)

うさぎさんの文
「かみなりが『ゴロゴロ』と鳴りだしました。」

くまくんの文
「雨なので家で『ごろごろ』していました。」


ヒント★(これでわかったら秀才!)

うさぎさんの文
「わたしはドアを『ドンドン』たたきました。」

くまくんの文
「ぼくは休まず『どんどん』歩きました。」
うさぎさんの文は「音」に関係があるよ。




<ご家庭の方へ>

「ワンワン」「ふわふわ」のような音や様子を表すことばを
オノマトペといいます。
音を表すものを擬音語、様子を表すものを擬態語とも言います。

今回の問題のように、同じことばでも擬音語と擬態語の
両方の働きをすることばがあります。
実際に、そのことばどおりの音(声)を表すもの(うさぎさん)が
擬音語、そうでないもの(くまくん)が擬態語です。
(擬音語はカタカナで、擬態語はひらがなで表記するのが一般的です)

日本語はオノマトペが多く、特に小学校低学年の理解力
表現力を養う上で、非常に重要なことばです。
お子さまとの日常生活の会話の中にも意識的に取り入れることを
おすすめします。


<答え>
うさぎさんは「音」が出ることば
くまさんは「音」がでないことば。


小学生に読書の楽しみをひろめるべく、「読書くらぶ」の開発に
没頭しているノッチ(佐野 樹)先生でした!

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スーパーチャレンジQ

Author:スーパーチャレンジQ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR