6歳までの量感養成

■-------------------■
 6歳までの「量感育成」
■-------------------■

何気なく見ている物を形に表すことは、平面図形や立体図形を
理解する意味でもとても重要なことです。
今回は、「円」に挑戦


~お金の大きさってどれくらい?~

お子様と一緒にやってみてください。
(100円玉を使います。あまり100円玉にさわったことがない
お子さんは、事前にみておいてください)

白い紙と鉛筆(クーピーも可)を準備する。
紙に何も見ないで100円玉を大きさを想像しながら書く。
書けたら実際の100円玉を重ねて大きさの違いをみる。


<ポイント>

まず円がつぶれていても、始点と終点がつながっていれば
ほめてあげてください。

実際の大きさと比べて、
小さくなってしまった子⇒慎重なタイプのお子さんですかね!?
大きくなってしまった子⇒大胆なタイプ。将来大物に!?


┏━┓
┃◆┃ご家庭のみなさまへ
┗━┻━━━━━━━━
保護者の方も一緒にかいてみてください。
思っていた大きさが実際とちがってはいませんか?
予想と実際とのギャップが少なくなればなるほど
答えの見当があたりやすくなってきます。
「身近なものを形にしてみる」ことをお子さんさせてみてください。


どうすれば頭のイイ子に育てられる?
どうすれば幅広い知識を身に付けさせられる?
進学塾のプロ講師が作った幼児のための脳活トレーニングの1つです。

親子で楽しく脳力アップしましょう!


自身も中学受験を経験した、受験算数のスペシャリスト。
中学受験専門コースの横浜校では、理英会卒業の小学生たちを
「飛び級クラス」で日々鍛えています。
国大Qゼミ横浜校 教室長 益田和典がお送りしました。

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スーパーチャレンジQ

Author:スーパーチャレンジQ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR